神聖な空間

こんにちは、みそのです。^^

 

今日は春分の日ですね。

春らしく暖かかったですね。🌷

 

今月は新しい体験をいくつかしました。

 

加圧と自力整体です。

 

加圧は骨盤矯正とセットだったんですけど、

この骨盤矯正がとっても痛くて、目が飛び出そうなほど痛かったです。

痛いの苦手なので、この体験は一度でいいかな。(^^;)

 

加圧トレーニングは、ベルトを腕と足に巻いて、筋トレみたいなのをするのですが、

普段使ってない筋肉を鍛えられて、ちょっとキツイけど面白い体験でした。

終わった後に鏡を見たら、顔の血色がよかったので、加圧の技術自体はいいなと思いました。

でも、金額的に気軽に受けられる感じのものではないですね。

 

またどんなトレーナーさんと一緒にやるかも大事ですね。

自分の体のことをわかってくれて、大事にしてくれて、サポートしてくれる方とできたらいいですよね。

私はセラピストさんには出会ってきたけど、トレーナーさんには今回初めて出会いまして、

体に触れるボディセラピストさん同様、トレーナーさんも相手の体に触れるお仕事だから、

どんなふうに触れるかというのは大事なんだな〜と学ばせていただきました。

 

そして、自力整体はお友達がナビゲーターをやっていて、体験してみました!

とても体が緩んで気持ちよかったです。

ヨガの要素も入っているみたいです。

これからも時々体験してみたいな〜と思いました♪

 

自力整体には、ヨガで体を痛めた方もいらっしゃるようです。

ヨガって、柔軟性などを人と比べるようなものではなくて、

常に自分と向き合うためのものだと思うのです。

 

でも、無理してやろうとすると、体を痛めると思います。

私が行っているヨガのクラスでは、人と比べるのではなく、

自分でどこまでやるか選んでいきましょうね、

というインストラクションが常にあります。

 

私も体が硬いので、柔らかくなりたい!という気持ちが先走ってしまうと、

体に無理をさせてしまうかもしれませんね。

そんなときは、焦らない、焦らない、自分のペースでと言い聞かせます。

 

心理療法の一つであるフォーカシングでも学ぶことですが、

自分の安全は自分で守る、というのがあります。

誰にでも相手との距離の中で、

自分が安全と感じられる距離とちょっと近すぎ!と恐怖や不快感を感じる距離があります。

その距離や間、スペースが自分にとってどれくらいなのか、

自分でわかっていないと、なかなか自分を守れませんね。

なので、自分というものに意識を向けて、観察して、

バランスよく相手との距離をとったり、気持ちよく自己主張ができると、

自分が今ここに心地よく在ることができるかもしれません。

 

加圧も自力整体も技術は素晴らしいですが、

私はヨガが好きです。

 

まだ指導者のコース始まってないので、

ヨガのこと全然知らない状態ですが、、、

ヨガが持つ神聖さが気持ちがいいです。

 

今通っているヨガの学校のスタジオはとても神聖な場であることが感じられます。

また、母とやっているお店の中にお部屋があるのですが、

そこも私たちにとっては神聖な空間です。

また、お寺や神社、自然の中でもそれは感じられます。

 

神聖な空間で自分との時間を持つこと。

 

そこに幸せや満ち足りた感覚を感じている自分に気づいた最近でした。(o^^o)